ブランドを欲する心理

Posted by mp0ywk5czs0zpqnbdk on 6月 11th, 2015 — Posted in 未分類

女性がブランドものを集める理由について、以前はよくわからなかった。
いや、わかろうとしていなかったというのが正しい。
でもよく考えてみれば、他のジャンルに置き換えるだけで普通に理解できるものだった。
例えばバイク。
品質で考えればホンダあたりのものを買っていれば間違いないのに、あえてカワサキに手を出し、しかもファンになってしまうというケース。
例えばオーディオ。
そこまで劇的に効果があるわけでもないのに、ちょっとした音質向上のために何万円もかけて環境を整えるというケース。
他にも趣味の領域で考えるならいくらでも、このように他の人からは理解されないようなこだわりで多額の出費があることというのは存在する。
それがただ衣類や小物に置き換わっただけなのだ。
ブランドものというのは、縫製がしっかりしていたり、サポートが行き届いていたりする。
このことについても、「その程度の差のために非ブランド品の数倍から数十倍も払うなんて馬鹿らしい」と思っていたが、これは完全に思考停止した考え方だった。
よく考え直せばべつに人の心理として何の不思議もなかったのだ。
そろそろ私も若いとは言えない年齢になってきたが、頭は柔軟でありたいものだ。

レアな人発見

Posted by mp0ywk5czs0zpqnbdk on 5月 28th, 2015 — Posted in 未分類

最近やっと同志に会えた。
何の同志かと言うと、「スポーツに一切興味が無い」という同志だ。
なんだかんだで誰もが何らかのスポーツに注目しており、アクティブな人なら自分がテニスや野球をやっていたり、球場までわざわざ足を運んで観戦していたりする。
そうでなくてもテレビでやっているサッカーはかじりついてみている人が多いし、錦織圭の勝ち負けで一喜一憂している人もまた多い。
だが、私はそれらのいずれにも一切興味が無い。
頑張っている人に対してシニカルに見たいわけでも嫌悪しているわけでもないが、自分と別世界の人だと切り分けて考えているため、情報収集しようという気にもなれないのだ。
そんなことを言うと周囲からは冷めているだとかノリが悪いとか、挙句の果てには協調性がないなどと言われたりするが、自分の好きなことぐらい自分で決めさせてくれと思っていた。
私はそのような状況で常にアウェーだったのだが、仕事で最近一緒に仕事をするようになった同年代の方が、私と全く同じスタンスだったのだ。
興味がなくて何がいけないのかという話で大いに盛り上がった。
もしかしたら彼とは無二の親友になれるかもしれない。
近いうちに飲みに誘おう。

せいろってすばらしい

Posted by mp0ywk5czs0zpqnbdk on 5月 12th, 2015 — Posted in 未分類

義母からせいろをもらった。
せいろなど今までほしいと思ったこともなく、もらった瞬間は保管場所の心配しかなかった。
しばらく冷蔵庫の上に放置したままになっていたが、近くの居酒屋のせいろ蒸しのメニューを見て、これは家のせいろを使えば簡単に出来るではないか、と思うに至った。
さっそく、スーパーにて豚肉、白菜、きのこ、にんじん、大根、じゃがいも、もやし、を購入。
購入した野菜と豚肉を見栄えよくせいろの中に並べる。
せいろと同じサイズの鍋を用意して水を沸騰させ蒸気が出てきたら、その上にせいろを置く。
せいろの竹のいい香り。
待つこと15分。
あっというまに居酒屋で見たメニューと同じものができあがった。
蒸しあがったら、せいろのまま食卓に並べることが出来て、見栄えも華やか。
あとは取り皿にポン酢を入れていただきますするだけ。
ただ野菜を切って並べただけだというのに、なんだかものすごい料理ができる人の気分。
味も当然おいしい。なんて手軽で優秀なのかしら。せいろって。
なんで冷蔵庫の上に放置してたんだろう、お義母様ごめんなさい。

結婚式の二次会

Posted by mp0ywk5czs0zpqnbdk on 4月 29th, 2015 — Posted in 未分類

私が先日いった結婚式の二次会のカラオケに行って、私が一曲目に歌った曲はなんでしょうか?ズバリ当たった方の中から抽選で一名様には…と冗談はさておき、機能はHAPPYな結婚式でした。というのも、私の好きなアーティストさんが、その2人の結婚式のお祝に来てくれたのです。それは何かのテレビ番組のロケでたまたま、ということだったようで、挙式会場もゲストも本人ももちろんですが、とにかくみんなもうすごいびっくりして倒れるかと思いました。それなので、二次会はその好きな人の歌のオンパレードでした。そりゃ盛り上がりますよね、さっきまでとうの本人がそこにいたのですから。周りの子もみんなそのアーティストさんが好きなので、結婚式の二次会も挙式会以上に大いに盛り上がり、とてもいい思い出に残る結婚式となりました。結婚式は本当にいいものですが、当事者よりもそのアーティストが来たことによって、私の中でも思い出に残る結婚式となりました。

子育てに奮闘の毎日

Posted by mp0ywk5czs0zpqnbdk on 4月 15th, 2015 — Posted in 未分類

私は現在24歳の主婦ですが、毎日子育てに奮闘しています。子どもはもうすぐ8ヶ月になります。
うちの子は男の子ですが、どこに行っても大人しい子と言われ、家でも訳もわからずに泣くことはありませんでした。そのため、今まで比較的悩まずに子育てをしてきましたし、うちの子は手がかからなくていい子だと思っていました。
しかし、ここ最近になって恐怖の夜泣きが始まりました。夜急に起きて、お腹がすいているわけでもおむつが気持ち悪いわけでもないのにひたすら泣き続けます。目を閉じたまま泣いているので、最初は寝ぼけているのかと思いました。しかし、それにしては長時間泣き続けるので、一体何をそんなに泣いているのだろうと思っていましたが、これが夜泣きというやつかと最近気付きました。
寝るときは旦那と私の間に子どもを寝かせているのですが、旦那は仕事があるので夜あまり起こすわけにはいきません。したがって、ほかの部屋に行って30分ほどかけて子どもを落ち着かせて寝かせるという生活が続いています。その分昼は子どもと一緒に少し昼寝をしていますが、やはり夜中に起こされる生活はなかなか大変です。
大変ですが、やはりかわいいのが我が子です。日に日に成長していく我が子に喜びを感じつつ、早く夜泣きの時期が終わればいいなーと思っている毎日です。

キャットドアを作ろう第2幕

Posted by mp0ywk5czs0zpqnbdk on 3月 24th, 2015 — Posted in 未分類

うちの世界で一番可愛らしい猫のたぬたぬちゃん用の、キャットドアを作りたいと考えています。考えただけじゃなしに、一度はホームセンターで、糸ノコも買ってきたのですが、糸ノコを買うことによって、第1次プロジェクトは終了してしまい、まだ第2次プロジェクトは立ち上げていないのが現状です。
冬は寒いので、たぬたぬちゃんの外出もめっきり減っているので、事は急がないのですが、暖かくなったら第2次プロジェクトを開始するためにも、計画ぐらいは立てようと、色々検索してみました。
世間の皆様は行動的だなあと感心した次第ですが、これはいける!と思ったアイディアがいくつかありました。板を使わないタイプのキャットドア(ペットドアとも言うらしいです)です。
と言うのは、板というか、ドアになる部分を堅いものにしてしまうと、それを動かすための蝶番の取付など、つける場所にある程度の厚みが必要そうで、うちでキャットドアをつけられそうな、障子戸の下の板になっている部分には難しそうだと感じていたのです。
私が、いいね!と思ったのはビニールカーテンを垂らせたキャットドアと、スポンジのような材質の板?をくっつけたキャットドアです。これなら蝶番はもちろん、うまくすると釘も使わずにできそうです。
春になったら、がんばって障子の下の板に糸ノコで四角い穴を開けようと思います。もちろん第2次プロジェクトはここまでですよ。

見事な使いっぷりにあきれる

Posted by mp0ywk5czs0zpqnbdk on 3月 16th, 2015 — Posted in 未分類

これは男の人に多いと思うんだけど、うちの主人は小銭をよく落とす。
札から小銭になった途端、お金の価値がなくなると思ってるのかしら?と思ってしまうくらい。
服のポケットからはいつも小銭が出てくる。主人の歩いたあとは小銭が落ちている。
ヘンゼルとグレーテルか、、、。何に備えて落としてるのかしら。

さらにお金の使い方も雑。
コンビニでばんばん買うし、主婦目線からすると「えー!!」と思ってしまう買いっぷり、、、。
コンビニなんて2000円くらいすぐにいってしまうからおそろしくて買えない、私は。

こないだ一緒に近所の安いスーパーに行って食料品をいろいろと買ったのだけど、5000円ほど買うと、ビックリした顔で

「5000円でこんなに買えるの!?」
と感動していた。
「カゴいっぱい買えるね!すごいね!」
と、、、。
いやいやこれが普通なんだよ。
コンビニのお会計に慣れてしまったらスーパーのお会計がすごく安く感じるんだね。

主人があちこちに落としたお金は、拾い集めてビンに貯めている。これがなかなか貯まる。
家の中のものは拾えるけど、外でも同じくらい落としてるんだろうな。ああもったいない。
金銭感覚の違い結構深刻、、、。

群馬の寒さ

Posted by mp0ywk5czs0zpqnbdk on 3月 13th, 2015 — Posted in 未分類

また冬がやってきました。
南国人から思うと、冬の寒さは、すごいと思います。
最近は、寒さに慣れて、縮こまっていなくてもよくなりました。遠くの山が、日々、白くなって、水墨画の世界になっていくのを見て、感動しました。
雪が、降り出すと、頻繁に窓を開けて、雪が積もり、白い雪に覆われていくのを見るのです。
雪が積もった時、感動していたのですが、外出すると、これは大変と思いました。
踏みしめられた雪は、固まって、滑りやすく、ゆっくりと歩くしかないのです。
雪で、濡れるとの実感が無く、靴が、濡れているので、雪の元は、水だなと思ったのです。
屋根の雪下ろしをテレビで、見て、大変だろうと、思うぐらいでしたが、重く硬く冷たい、実際の雪を知り、雪下ろしが、いかに大変か実感しました。
寒いからとて、縮こまってはいられないのです。寒い時でないと、見られないことは、多いからです。
雪が積もれば、道路の安全を確認できたら、雪景色を見て回るのです。

大変心配であります。

Posted by mp0ywk5czs0zpqnbdk on 2月 26th, 2015 — Posted in 未分類

孫に甘いおばあちゃん、実は娘にも大変あまいのであります。
孫には、欲しいもの全てという程に買い与えております。
がまんをさせていないので、自身のおもいどおりにいかないと暴れます。
大変こまったものであります。
この前も暴れてテレビや壁を破壊しました。
しかし実の娘にも甘く、自身が娘にかわり母親役や主婦をしております。
孫の幼稚園のお弁当ですが、母親が作らず毎回おばあちゃんが作っております。
衣服の名前付け等もです。
選択も口を出すだけで、本人はせず全ておばあちゃんが行っております。
文句をいうと昔のことを取りだし、怒ります。
あきれてしまいます。
娘は大変お金の使い方があらく、返済に困り実母に払ってもらっております。
多額のお金を払ってもらった手前、しばらくはしおらしくしておりますが、
それも数日でございます。
数日たつといつもの態度にもどり、あまりに腹が立つと手をあげる始末であります。
娘が実母に手を出すので、まごもおばあちゃんに気に入らないことがあれば手をあげます。
将来が心配でございます。

みかんの皮

Posted by mp0ywk5czs0zpqnbdk on 2月 17th, 2015 — Posted in 未分類

冬になると、みかんを食べる人は多いと思いますが、我が家では、皮も利用しています。
皮を風呂に入れて、入浴剤に使ってから、廃棄です。
量が多い時は、ジャムにするのです。果物で、ジャムにできるものは、ほとんどします。でも、量が集まるのは、ミカンとリンゴです。
ジャムにすると言っても、小さく切って、砂糖を入れ、石油ストーブの上で、ぐつぐつと煮るだけなんです。
皮をアルミホイルに包んで、石油ストーブの上で、蒸し焼きにすると、成分が、空気中に出て、風邪の予防になると言います。
匂いも出るのですが、嫌いな人はいないでしょう。最終的には、炭になるのですが、炭になると、土壌改良材として、プランターに入れるのです。
孫が来た時、皮をつぶして、汁を手につけて、こすってやり、こうすると、体が強くなると、教えたら、気に入ったみたいで、皮を私の手に押し付けて、こするのです。
健康について、考えることは、現役のころは、あまりしませんでした。
仕事を離れると、メリハリがなくなったせいか、体調を崩して、病院通いが始まったのです。
暇はあるので、少しでも健康にと、思い出しては、何かするようになりました。